明るいトイレ

堺の実家のトイレリフォーム

3年前に堺にある実家のトイレリフォームをしました。元々は、水周りの改装を行うことから、始まったトイレリフォームでした。築30年経った堺の実家は、かなりあちらこちらが老朽化しています。特に水廻りも古くなっていることから、改修をする必要がありました。10数年前には、トイレもシャワートイレに変えていたのですが、これ自体も相当古くなってしまったということで、できることなら、水廻りの回収と一度にやろうとして行ったのです。
水洗トイレでも、シャワートイレを早くから使っていたので、今回もシャワートイレ付きであることは言うまでもありません。 また、実家には私が定年後、いずれは私達夫婦も帰っていく予定ですが、今はまだ、年老いた両親が2人暮らしです。
そのようなことからも、トイレリフォームには両親に優しい機能が付いているトイレがいいと思っていました。堺でのリフォームの時には、私自身も業者さんの選定を手伝ったのですが、とても良くいいシャワートイレを薦めてくれたと思っています。壁面の操作パネルはとても見やすく操作が簡単ですし、最近のトイレはタンクレスでトイレ内がとても広く感じるのです。
また、トイレカバーもセンサーで自動開閉してくれることも年配者には優しい機能です。このように使い勝手の良いトイレリフォームで両親も助かっています。

トイレリフォームで居心地のいい空間作り

先日、堺の我が家のトイレの水漏れがありました。すぐに堺の業者に来てもらい修理してもらったのですが、原因は水洗い部分においてあった物が落下したことでした。長年使っていることもあり、トイレリフォームを考えないとと思っていたところだったので色々調べてみました。一概にトイレリフォームといっても、便器の交換だけなのかトイレ全体なのかで全然予算も違ってきます。壁紙も剥がれている部分があるので、トイレ全体のリフォームを考えていきたいと思います。
便器だけでも、タンクがあるかないか、自動洗浄つきか、便座はあたたかくなるものかなど種類がたくさんあります。家族がいる場合には、他の家族とも相談する必要があると思いました。壁紙に関しても、あらかじめにおいがつきにくかったり、拭き掃除が楽なものを選んでおけば後の手入れがずっと楽になると思います。床についても同じことが言えるのですが、壁紙と床を合わせて選べば、統一感のある居心地のいい空間になると思います。
茶系の色で統一すれば、落ち着いた雰囲気になりますし、白で統一すれば清潔な空間を演出することが出来ます。トイレの中だけをエスニック風にしてみたり、ハワイアングッズで統一するのも面白いかもしれません。
せっかく堺でトイレリフォームをするのなら、お手入れが楽で、居心地のいい空間作りをしていきたいものです。

壁紙が違うだけでも気分が変わるトイレリフォーム

トイレは窓を開けるようにしていても、湿気がたまりやすくカビが出てきます。こまめに掃除をしているつもりでも、便器と床の間が汚くなり、アンモニアの臭いも気になります。そこで、トイレリフォームを踏み切りました。トイレリフォーム業者は、堺の知り合いにお願いしました。壁紙と床の張替え、そして便器も新しいものに取り換えてもらいました。便座の暖房やウォシュレットがない便器だったからです。新しい便器には消臭効果もついています。これでにおいも気になりません。
壁紙や床は、抗菌で防カビ効果のあるものを選びました。つるつるしているので掃除もしやすいです。便器が温かくなるからか、トイレの湿っぽさも少し減りました。トイレが北側にあるために仕方ないのかと思っていましたが、工夫次第で快適な空間を手に入れることができました。
換気扇があればもっといいのですが、窓のみです。開け閉めすることで、湿気を逃し湿気取りも使うようにしています。湿気取りは、家の中でトイレが一番たまりやすい場所です。壁紙や床は、薄いピンク色を選びました。温かみが感じられ、寒くて汚いトイレのイメージが一新しました。壁紙が違うだけでも気分が変わります。
堺でのトイレリフォームは少し金額が高めでしたが、気に入っています。


ちょっとした部分のリフォームでも毎日の生活に明るさをもたらすことができます。とくにトイレリフォームを堺ですれば、料金をおさえつつその実感を得ることができるのでおすすめです。トイレリフォームは時間がかかると生活に支障がでてきてしまいますが、堺のトイレリフォームは素早く行ってくれるのでその心配も必要ありません。手軽に家の雰囲気を変えるなら堺のトイレリフォームがいいでしょう。

Copyright © 2016 堺でトイレリフォームをして居心地のいい空間作りをしませんか? All Rights Reserved.